So-net無料ブログ作成

『 とやま極上物語 』in八芳園 [イベント]

『 とやま極上物語 』in八芳園so-net1.jpg

 

大好きな♡シロエビの名産地『富山県』(*^。^*)
自称w富山県のPR娘^^;こと甘党大王は・・・

ブログスカウト事務局さまに御招待いただき

“とやまブランドPRイベント『 とやま極上物語 』”
参加してきました(^o^)丿


以前 別の富山イベントにてお世話に成った
富山県の皆様に会場にて再会でき、トテモ嬉しかった甘党大王です♡

日に日に富山県へのが深まるといったところでしょうか(^^ゞ
ホッホッホ。。。

 

そう言えば(^^ゞなんだか最近は日本酒にも強くなっちゃって
自分でもビックリの甘党大王なの(^_-)-☆
やっぱり美味しい富山日本酒に沢山巡り合ったせいかな~?!

ふ・し・ぎ !(^^)!


 

さて、今回のイベントは・・・

     とやまブランドPRイベント『 とやま極上物語 』in八芳園2.jpg

富山県知事 石井 隆一氏の愛情籠った「とやまブランド」のプレゼンから始まりました。
大好きであり大切な地元富山県を
いかに他県の方に理解して頂こうか・・・・・と
言葉一つ一つを選び
分かりやすく丁寧にお話してくださった事が印象的な甘党大王です。

石井 隆一氏にお会いしたのは
これが初めてではありませんが、いつお会いしても
穏やかで聡明な素敵な富山県知事だと感じました。


 

この後に御紹介しますが富山県の発信する多くのものが歴史が有りながらも新しく
そして若者にも受け入れられるのは
そんな知事の人柄の影響かもしれませんねw

とやまブランドPRイベント『 とやま極上物語 』in八芳園3.jpg

続いて富山県を愛する3名の方による「とやま極上物語」トークセッションがありました。

 

赤池 学 氏
「富山県推奨とやまブランド」育成・認定委員会委員・農林水産部会長
㈱ユニバーサルデザイン総合研究所所長
北村 森 氏
「富山県推奨とやまブランド」育成・認定委員会ものづくり部会委員
商品ジャーナリスト、元日経トレンディ編集長
平島 亜由美 氏
越中富山お土産プロジェクト委員会委員
北日本放送㈱報道制作部次長

御三方のお話をうかがい(*^。^*)ますます富山県好きに成りました!
頑張っている友人を応援したいような気持♡・・・と言ったらイイのかな(^^ゞ

プップップ♡

とやまブランドPRイベント『 とやま極上物語 』in八芳園4.jpg

 

ちなみに【富山県推奨とやまブランド】ってご存知ですか?!

富山県内外の有識者で構成する
《富山県推奨とやまブランド》育成・認定委員会が
「高い品質と信頼性・安全性」
「オリジナリティ」
「富山らしさ」
「市場性」
「将来性」
この5つの基準で品目を評価し、厳正な審査を経て決定されるものなんですよ☆

 

ですから
【富山県推奨とやまブランド】は・・・

魅力ある富山県産品の中でも
特に自信を持って誇れる極上の産品なんですね!(^^)!


そんな豊かな自然と歴史!そして人々の知恵と文化から生まれ選りすぐられた
とやまブランド

・ます寿し
・とやまのチューリップ
・富山干柿
・大門素麺(おおかどそうめん)
・富山湾のブリ
・富山湾のシロエビ
・富山湾産ホタルイカ
・メンタルコミットメントロボット パロ
・ウォーター ジェットマシン
・井波彫刻品
・高岡銅器
などですがヽ(^o^)丿皆さんの御存知の品はイクツありましたか?!

 

 

 

食いしん坊な(*^。^*)甘党大王
子供の時から「ます寿し」が大好き♡
大人に成ってからは
プラス(^_-)-☆ 富山湾のブリ・シロエビ・ホタルイカ大ファンです~。

そして先日 富山県へ御招待していただく機会に恵まれ
まだまだ知らなかった多くの美味しいものやw
優れた伝統技術を間近で拝見し
もっともっと富山県
広く深く知りたいな~♡と思った甘党大王なの(^^♪

冬の富山県は・・・

鮮度の良い美味しい食べ物が山ほどあって
まさに食いしん坊天国w
そして強くないハズの甘党大王さえもが虜に成っちゃう銘酒の数々。。。



 

でもね(^^ゞ同居のが、お花大好き人間でして
我が家の庭は、いつも季節のお花でイイ香なの(*^。^*)♡
そんな事を考えるとの大好きな春のお花の代表でもあるチューリップが気に成りますね~w

※ 下の写真は、『 とやま極上物語 』イベント会場
   私たちを出迎えてくれた「とやまのチューリップ」です。

とやまブランドPRイベント『 とやま極上物語 』in八芳園5.jpg
              【ピンクダイヤモンド】


本来無色
であるはずのダイヤモンドが、なぜピンク色になるのか未だ解明されていない・・・
そんなミステリアスで希少価値の宝石の名前と同じだなんて(^_-)-☆
チューリップピンクダイヤモンド
さぞ球根生産が難しく、その希少価値が高い品種であると容易に想像がつきますね!


参考までに・・・

 

品種名 : ピンクダイヤモンド
英 名 : Tulipa cv. Pink Diamond
分 類 : SL(晩生一重)
草 丈 : 中茎
花 色 : ピンク
花 期 : 晩生
枝変わり(突然変異)であらわれたらしいです。
元品種は「ピンクシュープリーム」。

 

アッ!(^^)!

記事を書いていて今 思い出したのですが・・・
以前、『銀座みゆき通りフラワーカーペット』を取材したことがありました!
それはそれは美しい色とりどりの花弁で描かれた絵に感動したものです☆

あの時のチューリップ(^^ゞ
そうでした~~~あの20万本分の花びら
300メートルもの道を埋め尽くされた(^o^)丿あのイベントのこそが
富山のチューリップだったのですね♡

忘れっぽいったら(^^ゞうっかりしていました~~~w

 

きっと他にも富山県の素晴らしいもの(*^。^*)
身近に接しているのかもしれませんね。
プップップ♡



そして・・・新しいものにも援助をして伸ばしていこうという富山県では
《能作の錫製品》のように

「富山県推奨とやまブランド」8.jpg

 

伝統の上に新しい息吹を♡と育成にも余念がありません!
こういったものに対して

【明日のとやまブランド】として応援している事も
素晴らしい取り組みだと思った甘党大王です(^_-)-☆




では、長くなりましたので
頬っぺたの落ちそうな美味しい試食
お土産の越中富山 幸のこわけについては 続きは後編(★)にてw

 

 

>> 進化する『とやま極上物語』in八芳園(後編)

 

最後まで読んでくださってありがとうございます(#^.^#)
お時間がありましたらポチッと応援いただけると嬉しいです♡

素晴らしい すごい とても良い 良い
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0